明日への紙ヒコーキ

日々の悲喜こもごもと、ゲームとか、本とか、つれづれなるままに、好きなものを厳選して書いていきます。

内向型人間のつぶやき。

単純なもので、もう「趣味だろうとなんだろうと、小説をかくのはやめよう」とおもっていた。

というのも、小説を書こうとすると、気負い過ぎてしまうらしく、高確率で体調不良になるからだ。

そして、数か月は休まざるを得なくなる。

体調不良の中身はさまざまで、気分が異常にふさぎ込んだり、帯状疱疹になったりである。

どん底、という気分をたっぷり味わって数か月、しばらくすると、気持ちがふわふわと浮き上がってきて、

「また書こうかな」

となる。

少人数だが、待っていてくれる読者もいるからだ。

しかし、そのたびに、また気負って、体調不良で休み、のくりかえし。

ここ3年ほどはその負のスパイラルにはまりこんでいた。

 

自分の、このエネルギーのなさはなんなのか?

一定の答えを教えてくれたのが、「内向型を強みにする」著・マーティー・O・レイニー。

どうやら自分はHSPらしく、とあるサイトでその度合いを測ったら、108という数字がでた。

まちがいなく内向型。

内向型は、意識して休みをとり、自分をいたわりながら活動しないと、すぐにガス欠をおこし、否定的な考えにはまり込んだり、孤立したりするらしい。

まさに、現状をぴたりと言い当てている!

 

とりあえず、趣味の創作は活動するにしても、意識して休む、根詰めてやらない、リラックス、楽しむ、そういったことを心がける必要がありそうだ。

それと、内向型は広く浅くの人間関係は苦手。

ムリに、やけに人懐っこすぎる(ずうずうしいともいう)人と付き合うことはない様子。

人懐っこいのは、美点だろうが、過ぎると毒である。

それは、ほかの点でも同じだろう。

自分の場合は逆で、引っ込み思案すぎて「お高くとまっている」と思われないように注意を払わねば。

 

内向型を強みにする

内向型を強みにする

  • 発売日: 2013/06/16
  • メディア: Kindle
 

細かく、内向型の生き方の対処法、改善点などが書かれていて、とても参考になる。

海外の本なので、参考程度の部分もあるが、根本はまったく変わらない。

とはいえ、日本より競争社会のアメリカは、内向型にはキツイ社会だなあ……

と、感慨にふけっている場合ではない、日本でも内向型への理解が進みますように。

でもって、外向型とうまくやっていけるようになるといいな。